ニュース

1/19 世田谷美術館 手話通訳付き講演会のご案内

※世田谷美術館から寄せられた情報を載せています。 主催:世田谷美術館

ブルーノ・ムナーリ 《陰と陽》 1953年 ジャックリーン・ヴォドツ・エ・ブルーノ・ダネーゼ財団
Photo:Roberto Marossi. Courtesy Fondazione Jacqueline Vodoz e Bruno Danese,

ーーーーーーーーーー

「ブルーノ・ムナーリ―役に立たない機械をつくった男」展 関連イベント
「ムナーリの創造思考とその魅力」

現代においても多くのクリエイターに刺激を与えているムナーリの作品。本展覧会のカタログと広報印刷物を デザインした加藤賢策氏に、その魅力をうかがいます。

講師:加藤賢策(LABORATORIES 代表、アート・ディレクター) 聞き手:当館学芸員 日時:2019年1月19日(土)14:00~15:30(開場13:30) 場所:当館講堂 申込方法:当日13:00 からエントランスホールにて整理券を配布 定員:当日先着140名 参加費:無料 ※手話通訳付

https://www.setagayaartmuseum.or.jp/event/detail.php?id=ev00873

ニュース一覧にもどる