ニュース

手話は伝達手段をこえる?!-美術と手話プロジェクトの試み-

2017年8月26日(土) 14:00-17:00 (13:30開場)
会場:アーツ千代田3331 A/Agallery(2F)

2016年1月に東京都庭園美術館で開催した「もしもガレがガラス職人に手話で指示を出したとしたら」というワークショップの経過と成果を報告します。八巻香澄さん(東京都庭園美術館学芸員)、美術と手話プロジェクトが話題提供者です。

詳しくはこちら↓
http://www.ableart.org/topic/others/201707_no4_shuwa_dentatsu.html

関連記事(東京都庭園美術館2016年1月23日「展覧会関連プログラム報告」)はこちら↓
http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/160123_galle_handsign.html


*写真は1月23日庭園美術館でのワークショップの様子です。

エミール・ガレの作品解説にある専門用語(フランス語)の手話を、参加者みんなで考えて作りました。聞こえる人も、ガラス工芸の技法を手話で表現することで、ガレの制作イメージがより深く理解できたようです。美術館の記事では、八巻さんの報告とともに、創作した3つの手話が動画で紹介されています。

ニュース一覧にもどる